コストを抑えて土地の有効活用を!
所有されている遊休地を駐車場に変えると、様々なメリットが生まれます。


初期費用が割安
最近では「空き家問題」が話題になっていますが、土地の有効活用として「駐車場経営」をご検討されている方が多いです。

遊休地をマンションやアパートにする場合と違い、駐車場経営には過剰な初期費用が発生しません。
駐車場経営は大きな投資を必要とせず、収入が安定しています。

また、砂利だけやロープを張っただけの駐車場と異なり、「アスファルト舗装の駐車場」にすると、「小規模宅地等の特例」として相続税の節税効果もあります。

月極駐車場にする場合は、アスファルト舗装工事、ライン引きや車止めの工事など、経営者様へのご負担が軽いのが特長です。




更地への復帰が簡単
遊休地をマンションやアパートにした場合、何らかの事情で売却をする必要があった時に、借地借家法により他の用途への転用は困難になります。
また、万一更地に復帰したい場合には、莫大なコストをかけた解体工事が必要となります。

もともと更地に近い形の駐車場として土地を活用すれば、転用や土地が売れた場合の撤去もスムーズです。




需要が高いビジネスです
複数台の車を所有するご家庭も多く、集合住宅でも駐車場が不足している場合もあることから、駐車場のニーズは高いです。

また、「狭小地」「変形地」の場合でも、形状を活かした駐車スペースを作ることができます。




料金改定もスムーズ
駐車場をご利用される方との契約は、車という物品を預かる寄託契約というもの。
経営者様にとっては、景気の動向や駐車場需要に合わせた料金の見直しも容易で、メリットが高いビジネスです。



もちろん、老朽化した駐車場の再舗装、ラインの引き直し、車止めの取り付けなどの工事もお気軽にお問い合わせください。